システム屋さんの転職日記

私の転職活動についてちょっと書こうと思う。私は大学を出て小さいシステム屋に就職が決まりました。本当はその会社で営業がやりたかったのですが、営業採用はなく渋々エンジニアとして社会人人生をスタートさせました。しかし何年かすると給料や上司の言っていることに協調できなくなり私なりに転職しようかな。と心で思いながら出向先の職場の他社様の待遇等を探るようになりました。そこで出向先に行くことは禁止されていたので一回クッションで別の会社を紹介され待遇は最初の会社とそれほど変わりませんがしばりつけが少なく自由という会社に行くことになった。そこで2年間一応耐え現在は最初の会社の時に出向先であった大手企業に拾ってもらうことができた。転職活動というものを大々的にやったわけでもなく、やったことは本当に人間のつながりのみ。あとは日々の業務で色々な人に認められるような作業を行う。これだけでした。年収は最初にいた会社の2倍弱までになっています。転職サイトなどでの転職もありますが、今思えば人と色々なところで話人間として気に入られることで色々道も開けるのかな。と私なりの転職活動を満喫した話でした。ここ!